”意識改革” 合同会社 思考プロセス研究所 メンタル&ビジネスパートナー
ホーム  実績事例  セミナー/講演  会社概要  支援内容  特 徴  自己紹介  お問合わせ  いこいの広場
  「よい考え」で「よい人生」を過ごし「よい仕事」をしょう!
意識改革(よい考え方)で次の2つの事をお手伝いしています
1.意識を変え「能力を最大限引き出し「
自信とやる気」を引き出す」方法を身に付ける  
 3つのスッテプ ①「意識改革」②「逆境力」③「目標達成プロブラム」を修得し自分を活かす
2.「情報とモノ」の流れを
「見える化し最適化による収益改善」の支援
 様々な業務の「プロセス」を鳥瞰(見える化)・関連付け・数値化して業務のムダを省く
所長 宮崎孝三

意識改革講演・意識改革体感セミナーの概要!! 【講演・セミナー内容】
①【意識改革(よい考え)】
☆名刺での割り箸切りによる体感型セミナー
考え方(意識)を変え誰でも持っている「潜在能力」を引き出す法を修得して人生・仕事に活かす

②【逆境力(よい人生)】
☆ビジュアル自分史を作成し自分を磨く
過去の自分を振り返り自分の強みを引きだし、自己の逆境力を認識し今後の人生に活かす

③【目標達成(よい仕事)】
☆目標達成プログラムよりを作成し業務に活かす
明確な目標を掲げ、自分史より自己分析し強みを活かし弱みを改め、日々目標達成を目指す
隠れた能力を100%引き出し人生/仕事に活かそう!
「意識改革体感セミナー」概要:意識を変え「潜在能力」を発揮する自己実現法
誰でも無限の可能性を持っている、その可能性の引き出し方を体感する
【潜在能力発揮法】
誰でも無限の可能性を持ってい
ますその能力を引き出す具体
的な方法として、不可能と思え
る「名刺での割り箸切り」を体
験し自らの能力に目覚める!
自己能力を実現する
自己実現法
【自己実現法】
自己実現要素は、考え方(心)
と知識(技)と才能(体)。
考え方は-100~+100、知識・
才能は0~100であり、実績は、
3つの要素の掛け算で決る。
考え方が大きな要素である。

「よい考え」:積極的心構え・プラス思考でメンタルブロックを粉砕する
【メンタルブロック:心の壁】
意識の構造は、顕在意識と潜在
意識の中間にメンタルブロック(心の
壁)がある。自己を過小評価し
消極的な心構えでメンタルブロックが
構成され能力を遮っている。
この
メンタルブロックを粉砕する事が
最も重要!
【実践:名刺での割り箸切り】
メンタルブロックを粉砕する方法としてプラスイメージによる「名刺での割り
箸切り」に挑戦する。自己イメ
ージを高めるメンタルトレーニングによ
り割り箸を切る事が出来る!
不可能と思っていた事が出来
自信・やる気」が育まれる。

■「よい人生」:過去を振り返り自分の強み(逆境力)を引き出す
【ビジュアル自分史作成】
過去を振り返りうまくいった事
うまくいかなかった事を写真
を添え描く。それぞれの時の感
情をまとめる。重要な事はうま
くいかなかった事から教訓を学
びまとめこれを
逆境力として
今後の人生に活かす。
【逆境力を育む】
ビジュアル自分史の「うまくいかな
かった事」を分析する。心の壁
を取り除く為に「感情・自尊感
情・自己効力感・楽観性」を心
掛ける。この4つの心掛けにより
「逆境力」を自ら育む

「よい仕事」をやり抜く:明確な目標を掲げ具体的な行動を起こす
【目標達成プログラムを作成】
達成秘訣は目標を紙に書く事
①明確な目標を書く
②成りたい自分を想像する
③自分史から自己分析する
④問題点の解決策を記述する
⑤定期的に見直し実践する

ポイントは映像を駆使すること!
【意識改革体感セミナーの狙い】
3ステップで充実した生活・仕事
を目指す!自分を活かすヒント
は、自分自身の中にある。
過去の教訓を学び、現在を懸
命に活き、未来の目標に向かっ
て信念を持って邁進しいく!
やってやれない事はない

   トヨタ紡織九州「意識改革体感セミナー」
2018.4.21
ハンドボール日本一を目指して「最強のチーム」をつくる為に「最強の個人」をつくる法
メンタル強化 第2部:目標達成の為の「自己分析」「自己管理」「達成行動」

自分を知って自分を育てる

「意識の壁」を粉砕(打破)する
メンタル強化:思いは人を動かす実技/自分を知る
「シェブレルの振り子」実験 ビジュアル自分史の発表(自分知り自分を育てる)
名刺での割り箸切り(「意識の壁」の粉砕)
皆さん見事な切れ味です!
  自分の強みを探し「逆境力」「折れない心」を育み、目標を達成する(自己宣言)
   

セミナーの感想:学んだこと、今後に活かしたいこと 
「~したい」ではなく、「~する」という強い意識をもとうと思った。気をためる動作を試合前にしようと思う。
振り返った事、立てた目標を実行していきたいと思った。また振り返っての繰り返しで成長したいと思う内容を大事にしたい。
心の動きでプレーの質、パフォーマンスの低下したりと色々な所で影響が出るのでメンタル強化、気持ちのあり方を2回の講義で強く思いました。  
今までの自分を振り返り、今の自分があるのは過去の出来事のお蔭だと認識できました。
常にマイナスのイメージを取り除くことが重要だと思います。例えば、ケガがうまくいかなかったと思ってはだめだと思いました。
目標達成などを紙に書いたが、毎日それを理解して、目標達成できるようにしていきたいです。
やる気や考え方などで大きく行動も左右されると感じた。目標が明確にない時ほど、うまくいってないし、行動も出来てない。常に小さな目標をもっていきたい。
今日学んだ「実力を発揮するための心がけ」を今後意識していき、試合で良い結果が残せるようしていこうと思います。
今回発表したことを実現してよい人生になるようにしたい。いいイメージを大切に競技生活に活かしていきたい。
マイナス発言をしない、とりあえずやってみる!を大事にする。何事もプラスに考え行動する。
闘争心、自己実現意欲、勝利意欲、自信に対しては、自分の気持ちの持ちようで変化してくる項目だと思うのでMAXに高められる様取り組んでいきます。
最終目標から逆算していき、段階的に目標を設定する。その目標を達成するために必要な事を考え、それを実践していく。
練習中やトレーニング中に出来るだけ、マイナスな発言はしないように心がけています。
運動の結果は、70%が考え方で勝負が決まっており、外発的動機よりも内発的動機に考え、目標を決める事で意欲も生まれ、行動にも移せる。
シェブレルの振り子の実験でイメージが強ければコインが動く様に、自分も勝ちたい、強くなりたいと強いイメージを持って成長していきたいと思った。
「意識改革体感セミナー2部」後の様子 (トヨタ紡織九州ハンドボール部皆さん)
割箸切り!ビジュアル自分史、目標達成プログラムで得た自信を人生・仕事・競技に活かしてください! 
「最強のチーム」をつくる為に「最強の個人」をつくる法として、意識を変え心理的競技能力を100%引き出すやり方を、2回に渡りお伝えしました。心理的競技能力を引き出すには、「自分の技能を高める」ことや「練習の過程で努力する」ことが、より効果的です。
「オンリーワン」の素に「最強のチーム」があります。
ハンドボール日本一を目指して「今だからできること」「今しかできないこと」「今初めてできること」があると確信しておりますので、本気の「決心・覚悟」で心身共に鍛え「最高の結果」が得られるように頑張って下さい。           思考プロセス研究所 宮崎

   伊万里信用金庫「意識改革体感セミナー」
2018.4.14
「強い会社」をつくる為に「最強の個人」をつくる法
~意識を変え自己能力を100%引き出す法~

第1部「よい考え」を身に付ける(4月14日)

「意識の壁」(メンタルブロック)を粉砕する
意識改革講義&実技(名刺での割り箸切り:メンタルトレーニング)
意識改革講義 楽しみながら割り箸切りに挑戦
不可能と思える「名刺での割り箸切り」を全員体験(意識の壁が取れ自信とやる気が芽生えた!)
 
 
 
 
 
 
【セミナーの感想:学んだこと、今後に活かしたいこと】
この経験を通して、何事にも気持ちの持ちようによって、結果が変わってくるのだと確信しました。
成功のイメージを強烈に持つ事で必ず成功出来ると言う思いの強さを感じると共に、これまで自分自身に不足しているものだと感じました。
これまで自分が仕事を長く続ける事で持っていた固定観念や先入観を払拭する良い機会として、今後の仕事に活かして行きたいと思います。
近年仕事中も無理だと思う案件でもどうにかしてやるんだといった強い気持ちを持つことで、改善やプラスに転じた事があり共感できました。
コツコツと知識を蓄積し、これだけやっているんだと言った本当の自信を身に着ける事が、金融人として働く上で必要不可欠だと思っています。
やる前から無理などというマイナスの固定観念を捨てて、一歩ずつ前向きにやっていこう!といウ気持ちを持って、物事に取り組んでいこうと思います。
自分を見つめ直すきっかけを頂けたと思います。目標を決め、成功のイメージを持ち行動するサイクルを実践したいと思います。
今後、自分の中だけで決めつけず、まずは行動しできるイメージを持って仕事に取り組んでいきたいと思います
固定観念、先入観で今まで行動してきた事が多かったが、思い切った行動により今後の自分の行動が変わってくると思う。
何事も挑戦しないと始まらない、先ずは「挑戦する」と言う気持ちで初めから諦めず、業務に活かしていきたい。
悲観主義でも神経質でも、まずは自分の限界を決めず、小さなことでも積極的に取り組んでいこうと思う。
これからは常に出来ないイメージでなく、出来るイメージをして、何でもやってみることが大切だと実感しました。
セミナー前後で自分自身の意識が変わり、セミナー自体が自分自身を成長させてくれるものとなった。
苦しいことも、難しいことも沢山ありますが、明日の自分が仲間や家族とピースサインをして笑っている姿を想像しながら過ごす。
・  何事にも深く考えすぎて上手くいかなかったことも多々あり、これからは楽観的に物事を考え、自信を持つこと、そして自信を持てるような行動をすることが重要だと感じました。
いつでも前向き「思いきった行動」「絶対やるぞ」と「本気の決断」は何事にも通じる事であると思います。 
「できない」、「無理」だと思った時こそ、考え方をプラスの発想に変えて達成できるように努めたいと思います。
成果を得るためには、自分から行動することで自分の力になり目標とする成果を出すことができるのだと思いました。 
「意識改革体感セミナー」後の歓喜の様子 (伊万里信用金庫の皆さん)
割箸切り!体験 この体験で得た自信を人生・仕事に活かしてください! 
第1部では、「人が熱意をもって考え、できると強烈に信じれば、たいがいのことは実現できる」と先人たちのことばがあります。これは単なる精神論、根性論をいっているのではありません。本セミナーでは、どのようにしたら「できると強烈に信じれば実現できるか」を心理の面、意識の領域に踏み込み、お伝えしました。第2部では「自己分析(自分を知る)」をお伝えします。    思考プロセス研究所 宮崎

   トヨタ紡織九州「意識改革体感セミナー」
2018.4.7
ハンドボール日本一を目指して「最強のチーム」をつくる為に「最強の個人」をつくる法
メンタル強化 第1部:意識改革「よい考え」「よい人生」「よい仕事(戦績)」

「よい考え」を身に付ける

「意識の壁」を粉砕(打破)する
メンタル強化講義&実技(名刺での割り箸切り:メンタルトレーニング)
 意識改革講義 楽しみながら割り箸切りに挑戦
 
 
 
 
 
セミナーの感想:学んだこと、今後に活かしたいこと
行動する前にある程度考え、出来るか出来ないかを考えてしまう性格なので、まずは常に出来るという自信をもって物事に挑戦したい。
 「自分の可能性を信じる」ことを意識していきたいと思います。また何事に対しても常に本気で取り組み、よい人生を送れるようにしていきます
意識の壁や心の壁、メンタルブロックをいかに作らず壊していくか、イメージが気持ちの変化で色々と変わるし、もっと自分の可能性を信じていきたい。 
ネガティブな考えや、固定観念は取り除いて、ポジティブな思考を持ち、ポジティブな思考を持ち、強いイメージから“自信”を持てるようにしていきたい。 
体感することで、分かりやすく、自分で肌でイメージや集中することで、自分でもできるんだと感じることができた。
試合のときも、強い相手と戦かう時に負けるかもしれないという意識を持ってしまうが、そのような意識を捨て、勝つことを考えて臨みたい。
今後調子を崩し、うまくいかないことがあると思いますが、良い時のイメージ、自分ならできると思い、頑張ります
自分を信じてやる事が大切な事は分かっていたが、本当の意味で自分を信じてやる事ができていなかった。まずは勝負脳をつくるべく、常に全力でトレーニングに取り組んでいきたい。
まず自分の長所を探す。その長所ができるイメージを持ち、できた時には全力で喜びたい。そうやって自分の脳に入れていきたい。
これを機に自分を見つめ直して、自分を知って自分を信じて、今後競技生活を送っていきたいいいイメージを常に頭で描いてトレーニングや試合に臨みたい。
残心、迷いを消すこと、成功イメージを持つこと、練習して身につけたいと思った。自分を知り、コントロールすることを身に付けたいと思った。
自分で作り上げるイメージにある程度の範囲を作ってしまうと、それ以上の広いイメージが作られないので、これからは、ある限度を作らない思考を心掛けたいと思った
まずは、何を始めるにしても、否定的な事を考える前に、自分ならできるイメージをもって臨みたい。
否定語は使わず、常に全力を出し練習に取り組む。根拠のない「自信」を持ち、自分の得意分野を磨き、絶対にあきらめない。
「意識改革体感セミナー」後の様子 (トヨタ紡織九州ハンドボール部皆さん)
割箸切り!体験 この体験で得た自信を人生・仕事・競技に活かしてください! 
「人が熱意をもって考え、できると強烈に信じれば、たいがいのことは実現できる」と先人たちのことばがあります。これは単なる精神論、根性論をいっているのではありません。本セミナーでは、どのようにしたら「できると強烈に信じれば実現できるか」を心理の面、意識の領域に踏み込み、お伝えしました。      思考プロセス研究所 宮崎

   出田実業意識改革体感講演・セミナー   
2018.3.2
~「強い会社」をつくる為に「強い個人「をつくる法~
熊本の出田実業様のID総会で実施:意識を変え自己能力を100%引き出す秘訣!

「よい考え」を身に付ける

ネガティブ思考が「意識の壁」つくっている
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 全員割り箸切りに挑戦 楽しみながら割り箸切りに挑戦
割り箸切りは凄い! 人生に大いに役に立つ  信じる事が大事!歓喜の笑顔
 
 イメージは重要ですね 自信を持 つ事を実践する 
 
 潜在能力を引き出せる!   快感は忘れられません(見事!)
 
心と体を一つにすれば4本の割り箸でも切れる
“無理・不可能”と思わない、集中して見事に成功!、  出来ると思えば出来る出来ないと思えば出来ない
感想:学んだこと、今後に活かしたいこと
・考え方次第で結果は変わってくるのだと、割り箸切りの件で実感しました。仕事にも活かしていきます!
・当初は、出来ないだろうと決め付けていた、名刺で割り箸を切れた快感は忘れられません。
・プラスイメージを持つ事の重要さを強く感じました
・達成出来たイメージを常に持ち、今後の仕事に役立てます
・自分の得意分野を磨く事は実行していきたいです。また、会社の部下にも得意を磨く事を実行させたいです
・目標を鮮明にもち、良いイメージを持って行動することを心掛けていきたいと思います
・自分の可能性を信じるどうしても出来ないが先に出るので今後は信じる、出来るんだ出来たのイメージをもって仕事に取り組みます。
・今までと違う講演で勉強になりました。特に、『潜在能力、信じる、固定観念の打破』などプラス思考の大切さがよく分かりました。
・『信念をもってやり遂げる』と確信しました。必ずこれからの、仕事、人生に役立つと思います。ありがとうございました。
「意識改革体感セミナー」後の様子 (ANAクラウンブラザホテル熊本ニュースカイ65名
割箸切り!体験 この体験で得た自信を人生・仕事に活かしてください! 

   古賀建設意識改革体感講演・セミナー   
2017.12.10
~「強い会社」をつくる為に「強い個人「をつくる法~
 古賀建設では毎年12月恒例の安全大会が開催されている。今回その基調講演として「意識改革」の講演を実施

自己実現(自己表現)の極意!
社長みずから割り箸切りに挑戦!
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 全員割り箸切りに挑戦 楽しみながら割り箸切りに挑戦
 社員を代表して女子力発揮(見事!)  集中して見事に成功!
感想:学んだこと、今後に活かしたいこと
・社会人となり、仕事及びプライベートでも『目立つことはしない』『失敗しないようにする』がブレーキ(メンタルブロック)となっているのは個々で、少なからずとも感じています。メンタルブロックの壁を割り箸切りチャレンジで全ての従業員がチャレンジし、且つ、楽しみながら何度も腕を振り下ろす姿を見て、物事の実行には、『楽しみ』と『目的の確認』が重要だと理解しました。

・名刺で割り箸を切ることができるなどと考えてもしないことに着目されて、実際にやってみて、それができるということに驚きました。不可能だと思われることを考え方やイメージトレーニング、方法論によって可能にできるということを教えていただきました。そして、それができたと成功した体験によって潜在能力がより引き出されていくのだと分かりました。

・これまでの実生活での経験においても、未来(私事の結果)を何もイメージ出来ないまま行動しても、上手くいかないという事は漠然と理解していました。実践した「割り箸切り」は驚きの結果であり、意識の持ち方の大切さを実感しました。

・物事に取り組む時にただやるだけでなく、成功した姿を思い浮かべ、プラスイメージを持って挑戦していきたい。
     「意識改革体感講演・セミナー」後の様子 (ロイヤルチェスター伊万里にて総勢180名)
割箸切り!体験 この体験で得た自信を人生・仕事に活かしてください! 

 九州工業大学意識改革体感セミナー   
2017.8.5
~意識を変え「潜在能力を」を発揮する法~

自己実現の為の3つの極意!
 
全て自分の心が決めている
できると思えばできる!
できないと思えばできない
名刺で4本の割り箸も切れる!
 第1部:【「よい考え」を身につける(意識改革)】(全員名刺での割り箸切りに挑戦)
 
 

スプーン曲げも結果(曲がった)を強烈にイメージすること!
第1部:感想 今後に活かす内容
・意識改革ということで、割り箸を名刺で切ることで、不可能に思えることを可能にするということを体験しました。
・自分が壁を作ってしまいがちであるということが分かったので、メンタルブロックを鍛えていきたいと思います。
・成果・実績=考え方×能力という公式を信じで、考え方も養っていこうと思った。
・成せばなる、やらねば成らぬという考えを行動の起原にしたいと考えています。
・強気な気持ちを持って何にでも挑戦してみたいと思います。
・物事に取り組む際は、良いイメージ(成功するイメージ)を持って、「絶対できる」と思って行動に移りたいと感じました。
 
第2部:【「よい人生」を過ごす(ビジュアル自分史作成)⇒逆境力・折れない心を育む】
第2部:感想 今後に活かす内容
・今後怠けそうになったときは、自分史を診て今日の気持ちを思い出したいと思います。
・自分の人生を振り返ることで、自分の価値観を見つめ直し、人生の目的を考え直す。
・自身のバネとしている所を見直せた、今後つまづいた際プラス思考に持っていくきっかけとする。
・悪い思い出は、今後の人生のバネに、良い思い出は糧にして、行動を起こすことで、人生を良い方向に導いていきたい。
・友人の目標やその達成の方法を聞き、自分のものに取り入れる
 
 第3部:【「よい学業」を修める(目標達成プログラム作成)】
第3部:感想 今後に活かす内容
・マイナス的な先入観、考え方は捨て去り、「絶対できる」と思い込んで物事にトライしたいと思った。
・目標の達成には、行動すること、壁があっても諦めずに挑戦し続けることが重要だと思いました。
・目標までの予定とのギャップに恐れることなく最後までやり遂げる意志を持っていきたいと思います。
・足りていない部分の再認識ややる気を起こすことができることが目標達成プログラムを書いていくことで実感できた。
・目標達成プログラムを更新し、今後の研究を進める指標にしたいと考えています

 
 
 「意識改革体感セミナー」後の様子 
出来ると思えば4本の割箸でも切れる!目標達成もスプーン曲げも結果を強烈にイメージすること! 

   産業技術総合研究所意識改革体感セミナー   
2017.6.6
~意識を変え「潜在能力を」を100%引き出す法~

自己実現の為の3つの極意!
全員割り箸切りに挑戦!
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 
 出来る(切れる!)と強烈にイメージすれば切れる!  出来る(切れる!)と思えば4本の割箸でも切れる!
感想:学んだこと、今後に活かしたいこと
・割り箸で最初は、切れなかったが集中が高まって切ることが出来た。
・諦めない事は、全てに通じる。
・自分自身で限界を決めないことの重要性、大切さが改めて分かった。
・意識の壁がある。やってやれない事はないと思うことが大事。
・いいイメージをすれば、その目標に近づき達成する事が出来るのだと思い、自分自身にも子供にも伝えたいと思った。
・思考でいろんなことがうまく行くと信じられたので、ネガティブな発想は、出来るだけ避けようと思います。
・能力の過小評価を避けて、目の前の壁を乗り越えるのに役に立てたいと思います。
「意識改革体感セミナー」後の様子 
割箸切り!体験 この体験で得た自信を人生・仕事に活かしてください! 

 株式会社キョーワ 意識改革体感セミナー  
2017.1.18
~「強い会社」をつくる為に「強い個人」をつくる法~


キョーワの皆さん セミナーで学んだこと感じたことを「人生」「仕事」活かして下さい
【株式会社 キョーワの紹介】
社是:感謝・融和・創造
夢と感動を創造する企業
・活魚車のトップシェア70%を誇る
・繊維強化プラチック加工固有技術
 《志 情熱企業 RKB毎日放送 2016年8月6日放送》


 九州工業大学 意識改革体感セミナー 3部構成  
2016.6.9
~意識を変え「潜在能力を」を発揮する法~

自己実現の為の3つの極意!
割箸切り&ビジュアル自分史作成
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 
 
   
   
   
   
 出来る(切れる!)と思えば4本の割箸でも切れる!  目標達成もスプーン曲げも結果(完成)を強烈にイメージする!
第1部:【「よい考え」を身につける(意識改革)】
・困難に思えることでも成功のイメージを持って挑戦することで、うまくできることが分かりました
・気持ちの持ち方は非常に大事で、思い一つで結果を大きく変えてしまう力があることを意識出来た
・自分が出来ると思いこんで何事にも取り組み、いろいろなことにチャレンジをしていき成功していきたいと考えました。
・積極的に行動することが重要で失敗を恐れてはダメだと感じた。
・「できるイメージを持つ」という意識で自信を持って取り組んでいきたいと感じた
・強く自分を、周りを変えたい意思がないので、その意思を持つ動機が必要なのかなと思いました。
・将来像をイメージすることは大切だと再認識した。絶対できる!やればできる!と思い込みたい。
・思いこみから不可能であると認識していましたが、そのようなイメージをなくして実際にやってみることで自分の中の考えが変わりました。
・自分も含めて周りの人の潜在能力の開発に心がける。頭でっかちにならないように、広く心がける

第2部:【「よい人生」を過ごす(ビジュアル自分史作成)⇒逆境力・折れない心を育む】
・過去の自分の分析から弱点が見つかった。好きなことを見つけたいなら、とりあえず何か新しいことに取り組んでみる。
・今後、うまくいかなかったときに振り返ってモチベーションの向上やそれからの人生につなげていきたいと思った
・過去の自分の分析から弱点が見つかった。好きなことを見つけたいなら、とりあえず何か新しいことに取り組んでみる。
・今後、逆境に立たされた場合でも、良い機会だと思い、スッテップアップしていきたい。
・今後の人生に活かしていける要素を発見することができました。自分の歴史を誕生から振り返ることは、初めてで、とても新鮮で面白かった。
・平穏でいいと考えることは、間違っているかまもしれないと思いました。
・逆境の経験は宝物。
・ネガティブな状態からポジティブな状態へ変化した時の気持ちや考え方が異なる場面でも同じことに気付いた。次に同様な場面にあった時、このことを思い出せば対応できるかもしれない。
・人生を振り返ってみることで、自分の気持ちなどが改めて分かるので大事だと思った。
・自分の歴史を誕生から振り返ることは、はじめてで、とても新鮮で面白かった

第3部:【「よい学業」を修める(目標達成プログラム作成)】
・意識改革の「よい人生」「よい学業」を聞いて、この意識改革の根底にあるのは、「どうにかしないといけない」という意識なんだなと思いました
・日頃思っていることを書き出すことによって、目標がより明確になった。
・思い考えるだけでなく、それを明文化することでも、自身にとって整理になり確実ななることもわかった。
・明確な目標をしっかりもつということは重要であると考えられます。
・自分の目標を書くことで、自分のやることが明確になっていくことが分かった
・書き留めるということは、前のセクションとも大きく関係しており、非常に重要なものだと改めて感じました。
・目標をはっきりと紙に書くことが重要だと感じた。今までは、頭の中で考えるだけだったので、あいまいな部分も多かったが紙に書くと願望よりも目標と呼ぶにふさわしくなるからだと思った。
・「根拠のない自信を持つ」とうい言葉には、本当に心に残りました。人に言わなければ、どれだけ根拠がなくても自信を持っていいということを胸に、高い目標をもっていきたいと思いました。
「意識改革体感セミナー」後の様子 ご参加ありがとうございました

割箸切り・スプーン曲げ!体験 この体験で得た自信を人生・学業に活かしてください!

 安田工業(商事) 意識改革体感セミナー 3回シリーズ2回目  
2016.5.25
~「強い会社」をつくる為に「強い個人」をつくる法~2回目”「よい人生」を過ごす法
「よい人生」を過ごす秘訣
ビジュアル自分史作成
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 
 
【「よい人生」を過ごす:メンタルトレーニング(名刺での割り箸切り体験)で得た感想】
やる気を持つことが全てに結がると思いました。今の自分を少しでも積極的に行動できるようにしたい。
今の会社の悪い状況を乗り越えることが出来れば、今以上に悪くなることはないと考えると希望も出てくると思いました

割り箸が切れた事で、何事も集中力でやれば出来る事が理解できた。自分の可能性を信じる力を活用したい

何事も気持ちの持ち方で考え方や行動が変えられる事が理解できた。「固定観念を取り除け」「発想の転換」は今後活用したい。

“人生1度だから”と昔から今まで出会った方々よりも比較的に前向きな性格だと思っていたが、さらに前向きになった。「強い思いが大事なところ」が役に立った。

「感動は困難の後にある」という言葉が印象的だった。現在の状況に落ち込まず、よい未来に向かい、またそうなる様に努力していきたいと思います。割り箸を名刺で切る事が出来た。良いイメージを持つ事の重要性を感じました。
「意識改革体感セミナー」後の様子 ご参加ありがとうございました

全員名刺で割り箸が切れた!この体験で得た自信を人生・仕事に活かしてください!

 安田工業(商事) 意識改革体感セミナー 3回シリーズ1回目  
2016.4.18
~「強い会社」をつくる為に「強い個人」をつくる法~1回目”「よい考え」を身につける
「よい考え」の重要性を実技を通じて学ぶ
 全員割り箸切り挑戦(メンタルトレーニング)
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
 
 
 
   
【「よい考え」:メンタルトレーニング(名刺での割り箸切り体験)で得た感想】
・何事も出来るという気持ちを持っていれば、どんな事でも出来るという気持ちを持って今後毎日をすごしていこうと感じました。
・今後は間違っているかもしれないけれど、まず行動に移そうと思います。何事にしても出来るイメージをもって、プラス思考に
 いきたいと思います。
・積極的プラス思考と目標からの逆算がイメージできると「できる」という確信・自信につながることが印象的でした。
・成功に向けて進んでいこうと思います。自分なりに今一度考えてみようと思います。
・ネガティブな考えは、全て悪い方向にしかいかない。 何事も気持ちが大事と感じました。
・人は皆能力の引き出し方がわかっていなかった。能力の使い方によっては、不可能も可能に変える事が判りました。
・やれるというイメージを持てば、だいたいのことはやれるだろうと思う。メンタルブロックを粉砕し、潜在能力を引き出すことを、
 日々の生活や仕事に活かすことができれば、可能性は無限に拡がると思う。
・良いイメージを持つ事で、何事も達成できるという事が実感できた。「常に良いイメージを持つこと」を大事にしたい、自分自身の
 メッタルブロックを排除する様、今後の生活・仕事においても訓練していきたい。
「意識改革体感セミナー」後の様子 ご参加ありがとうございました。今後の人生に活かして下さい!

 九州工業大学情報工学部 意識改革体感セミナー  
2016.1.12
~意識を変え「潜在能力を」を発揮する法~(学生&教授合同セミナーの様子と感想
「よい考え」「よい人生」「よい学業」を修める秘訣
 ビジュアル自分史&目標達成プロブラム作
 全員名刺での割り箸切りに挑戦(出来ると思えば出来る:メンタルトレーニング)
   
   
   
【「よい考え」:メンタルトレーニング(名刺での割り箸切り体験)で自信・やる気を育む】
・やればできるという考えも大切だが、すでにできている姿を想像することもさらに重要であることを学んだ。
・今までやる前から無理だと決めつけてやらないことが殆どだったけれど、名刺で割り箸を切ってみて、何事もやってみな
 いと分らないと思った。
・やってみれば意外とできる。成功をイメージすることで物事がうまくいく。今後は、とにかくやってみる、挑戦すること、
 また成功をイメージしながら挑戦しようと思います。
・考え方が-100~+100で自己表現の仕方が変わる、ネガティブなマイナス部分は、思考を変換しポジティブに考えるべき。
・過去の経験か見て、お話の内容は正しい。若い人にとって、有益なお話である。
・自信のない学生に是非聞かせたい内容です。話の内容が洗練されていて、説得力が高まっているように感じました。

【「よい人生」:ビジュアル自分史を作成し自分の強み(逆境力)を引き出す
・自身を振り返るとこれといって誇りを持てることがないことに気付いた。時の流れが加速していることを少しずつ感じ
 とっているため、どんどん新しいことにチャレンジしいていきたい。
・今まで人生で、覚えていないことが殆どで逆境をあまり味わったことがないのだと気付かされた。
・人生にはいろいろと波があることが分ったので、良くない事が起きたり、今の自分の状況が辛いと感じても、それはただ
 波が来ているだけで後に好転するのだと思うようにする。
 どん底だと思ったら、そこから好転することを楽しみにするようにして、マイナス思考から抜けるようにする。
・過去を見つめ直す機会を作ることは重要である。特に自分を分析することが少ない上、Negativeな部分ばかり気になるので、 
 Positiveな成果を分析し、Negativeとの関連性を見直すのはよいと思う。
・目標達成の道順を明確にするのに役に立つ。
・就職活動を前にして、自分の進むべき道が見えてない学生には、自分を知る為の良い方法だと思います。

【「よい学業」:目標達成プログラムを作成して「よい学業」修める】
・詳細なものでなくとも、目標を持つことは本当に大切であると理解した。目指すべきものなしに生きていても自身の未来
 像が見えないし、時間の無駄のようにも思える。面倒くさがりの性格を直すためにも、小さな目標から達成する必要があ
 るといえる。
・自分には、コミュニケーション能力や主体性が足りていないということを改めて感じた。これから就職活動があるので、
 そういった欠点を克服していきたい。
・まずは、目標を持つ事が大事だということが分った。ざっくりでもいいので目標を立てて、その目標を達成する為に今
 から何が出来るかを考える。
・目標達成のための、Baby Stepを考えるのは重要であり、自身でコミットすることが必要である。
 書かないことはよくないが、書いた内容に責任をもつことが重要である。
・目標達成の道順にブレが多い事が分ったので是正したい。
・学習目標を具体的に定めるには、人生の目標が必要であり、それを考えさせるのに有効ではないでしょうか。

「意識改革体感セミナー」後の様子 ご参加ありがとうございました。今後の人生に活かして下さい!

 第2回 第一施設工業 意識改革体感セミナー(前半)  
2015.11.7 
~「よい考え」「よい人生」「よい仕事」を掴む「思考プロセス」~ セミナーの様子と感想
名刺での割り箸切り実技の様子
 

 全員名刺で割り箸が切れた~
 セミナー後の感想!
・割り箸を名刺で切るこの思いつきは、面白いと思いました人の心に残ると思います
・自分の気持ち意識次第で、今までと違う良い結果を生み出せるとういことが分った
・過小評価を捨てる良いきっかけなり、思いは自由なので笑顔で楽しく生きます
・現在いろいろ諦めようと思っていましたが、もう少し頑張ってみます
・絶対積極はうすれていく気がする、もう一度気持ちを入れ替えようかな
・気の持ち方で結果が変わる事が解りました、やれば出来ると強く思う様にします
・信念など強い気持ちで何事もやり抜く事を心に思い今日の事を思い出したいと思う
・成功のV曲線が心の残っています、途中で折れている心を見つめ直そうと思います
・セミナーでよりよい考え方、プラス思考の大切さを実感する事ができた気がします
・成功するイメージを強く持つ事で、目標を達成する事が出来る事が分った
・より自信が持てた、今後もプラス思考を続けたい
・本気で自信を持ってなんでも失敗は心配せず最後まであきらめないように頑張る
・ネガティブな考えを持つこともあり、今後はポジティブな発想に改めていきたい
・イメージを持ち続ける事が大事であると再認識出来た

 第1回 第一施設工業 意識改革体感セミナー(後半)  
2015.9.5 
~「よい考え」「よい人生」「よい仕事」を掴む「思考プロセス」~ セミナーの様子と感想
セミナー前半の「意識改革(よい考え)」を更に深堀!
【セミナー内容】
1.メンタルトレーニング
 「よい考え方」実践
2.ビジュアル自分史作成
 「逆境力」を育む
3.目標達成プログラム作成
  「よい仕事」を掴む計画表
 
【自分史を作成して】
初めて、「自分史」を作成してみて、うまくいかなかった事を乗り越え、今後どの様に活かすか、イメージが沸いた気分がします
自分にも“うつ”の要素が有るのが、前向きな性格に助けられている事が分った、楽しく生きます
何事も強気で乗り切るハートが大事である事を再認識できた
良いイメージでやるという意識を持ち、今後の人生を楽しんで行こうと思います

【目標達成プログラムを作成して】
今からの人生設計を行う上で具体的な目標設定を行い、1つ1つ確実に達成したいと思う
目標達成プログラムを色々な場合で作ってみて、解決策を導き出し目標を達成したい
よりよい人生を過ごすために、よりよい仕事ができるように目標を立てってやっていきたい
今後、目標達成プロブラムで、書くことによる意識づけをやっていきたい

【全般】
今回のセミナーの中で特に「見える化」について、仕事に取り入れ改革を行っていきたいと思いました
「割り箸切り」と「スプーン曲げ」、意識の持ち方での違いが参考になりました
意識の持ち方によって「できないと思っている事ができる」ようになる自分を想像します
王会長の座右の銘”「気力」”を教訓とし、最後まで諦めずに実行したいと思う
知識、能力の前にどれだけその仕事に決意を持って望んでいるかが大切だと思います
努力がむくわれるかは解らない、むくわれた人は必ず努力している
意識改革体感セミナーの営業も頑張ります
何ごとも前向き(ポジティブ)に考えイメージすることが大切なのだなと思った
小さな成功体験の積み重ねを意識し、言葉にもっと注意して、前向きに何事にも取り組んでいきたいと思います
よい考え(プラス思考)をもてば、行動が変わって行くという事が体感できた
2回の研修を活かし、自分自身の人生を楽しみながら、「よい考え」を持ち「よい人生」過ごし「よい仕事」をしていきたいと思います

メンタルトレーニング”出来ると思えば出来る”全員スプーンが曲がった~

 第1回 第一施設工業 意識改革体感セミナー(前半)  
2015.8.1 
~「よい考え」「よい人生」「よい仕事」を掴む「思考プロセス」~ セミナーの様子と感想
 
 
 
 

皆さん最高の笑顔!
 自分の可能性を信じ考え方を見直す事を心がけていく!
「やれる」との思いで何事も取り組む姿勢が大事!
「出来るイメージ」大切だなと体で感じました!
よい考え方を学び、よい仕事が出来る様にしていきたい!
出来る出来ないではなく、出来ると思うこと!
「集中力」「継続は力なり」改めて重要性を感じました!
結果を恐れずに、まず行動を起こそうと思う!
今の自分の考え方を信じて良いという自信が持てた!
何事も取り組むのにプラス思考が大切だと感じた!
何事もまずは成功のイメージを持つ必要性を感じた!
仕事も出来るという気持ちを持って取り組みたい!
常日頃いかに固定観念で生きていた事を痛感しました!

全員名刺で割り箸が切れ「自信」「やる気」が出た~

 異業種合同例会 意識改革体感セミナー  場所ステーションホテル小倉
2015.7.24 
~「よい考え」「よい人生」「よい仕事」を掴む~  セミナーの様子と感想
分の意識が、結果を変える事を実感しました! 売上100億円企業にします。
積極的な「イメージ」を持って事に当たる重要性を理解した。 
考え方を変えればパワーが出せる、DO IT NOW(今すぐやる!)実践します。
即行動!結果に対してポジティブな思考で行動していきます。 人間は無限の力があることを学ばせていただきました!
物事をイメージ化する事が、物事の理解や進歩を加速することを実感しました。
できると思えばできる、できないと思えばできない!ことを体験しました。
やってやれないことはない!目標をつくることの重要性! を学びました。

全員名刺で割り箸が切れ「自信」「やる気」が出た~

      オンテック 意識改革体感(3ステップUPセミナー 2015.5.16
ニューオンテックに向けて「発想の転換」  セミナーの様子と感想
 変革と創生」を図る上で、大変重要な点を御指摘いただき、ありがとうございました。
今後は何事も「自分は出来る!」と考え行動していく。 ネガティブな考えが先に出ない様、自らポジティブに動いていく。
「決断と自己認識を変え自己イメージ」を高め取り組みたい。 喜びを勝ち癖につなげる為、頭に記憶させる様に実践したい。
「まずはやってみる」「絶対積極」を進めて行きたい。 具体的であり、「成せば成る」を実感できた事が、良かったと思います。
気持ちの持ち方、考え方で気分が変わる事を短時間で経験できた。 必ず出来ると信じて実践して共有していきたいと思う。
確かに行動事体はSAVEしていた事はあると思いがした。 これから自分がどうするか考える事として目標達成は有効と思う。
アクティブに物事を考え行動にすぐ移す事が絶対条件という事が理解出来ました。
「実現出来得る・形と成る・目に見える物に成る」と思えたのが、大きかったと思います。
非常に自信となりました。仕事でも「やる気」になれば出来る。 こう言う風に自分で能動的に意識を変える事は大変新鮮に感じた。
とにかくやらなぁあかん!頭で考えるより、まず行動に移すことを心掛けてもらいたい。

全員名刺で割り箸が切れ「自信」やる気」がでた~

      九州工業大学 意識改革体感(3ステップUPセミナー 2015.4.22
「よい考え」で自己の能力を発揮し「よい人生」を過ごし「よい学業」を修める秘訣
【講演・セミナー内容】
①【意識改革(よい考え)】
☆名刺での割り箸切りによる体感型セミナー
 考え方(意識)を変え誰でも持っている「潜在能力」を引き出す法を
 修得して人生・学業に活かす
②【逆境力(よい人生)】
☆ビジュアル自分史を作成し自分を磨く
 過去の自分を振り返り自分の強みを引きだし、自己の逆境力を認識し
 今後の人生に活かす
③【目標達成(よい仕事)】
☆目標達成プログラムよりを作成し額j業に活かす
 明確な目標を掲げ、自分史より自己分析し強みを活かし弱みを改め、
 日々目標達成を目指す
演習と感想》
 ①【意識改革】
割り箸を名刺で切るという演習を通して信じることでさまざまなことを、やりとげられるということを感じました。
割り箸は名刺で切れる。出来ないと思うことを無くせば必ず出来る事が解った。
 割り箸切りを通して成功をイメージするトレーニングが出来てよかった。
最初からやれないと決めつけて諦めるのではなく、何事もやってみる事が大切で、必ずそこから得るものがある
とりあえず、やってみることが大切で食わず嫌いはもったいないということがわかった。
 潜在能力を3%しか発揮出来ていないということが印象に残り、いいイメージを持つ事で心の壁を壊して行きたいです。
 普段はネガティブな考えで生活しており、それが悪い方向にいってしまっていると実感した。
 自分が成功するイメージを持ち、これからの研究、就職活動を頑張り結果を出したいと思います。
 ②【逆境力修得(ビジュアル自分史)】
私が逆境に直面した時に、無難な考えから、自己を過小評価した上で出来るかどうかを判断する事がたびたびありました。
不安やネガティブな思考を逆にこちらから追い詰めて打ち勝てるよう行動する事を心掛けたいと思います
僕はよく心が折れそうになるので、この逆境力修得を目指そうと思います。
 ③【目標達成プログラム】
過去の自分を振り返る事で、自分が何に感動し、何にやり甲斐をもって、とりくめるか見出すことができた。
今回のプログラムをベースに自己分析を更に深め就職活動のエントリーシートや面接などの役立てていきたいと思います。
 結果から考えること、右脳で目標を立てる、将来は自分の意識次第で変えられる事を学び実践したい。

全員名刺で割り箸が切れ「自信」と「やる気」がでた~

  震災を乗り越え創業されている安田工業仙台工場で”意識改革体感セミナー”実施   2015年4月7日
  《講演後の感想》
2011年3月11日の震災にもめげず元気に頑張っておられる皆さん
・何事もやってみる前に諦めてしまったら、喜びはない!と
 本当に思った
・固定観念、自分がネガティブに考える事が多いのであまり
 とらわれない方がいいと思いました。
・自分しかない得意分野を持ち、営業に役立てたい。
・Do It Now!今すぐやる!念とは今の心。
 今思っていることを大事にしたい。
・自分を悲観的にみるのではなく楽観的にとらえようと思いました。
・後の結果を考え決断や行動したりする積極性に多少ブレーキをかけていたのでブレーキを外したい。
・自分の意識次第でプラスにもっていけるという自信を、持てる様に心掛けたい。

*2011年3月11日の震災で工場の1階が海水で水浸しになり設備が全滅したが、全員の頑張りで復興し創業している。
工場は、仙台空港のそばで周囲の被害は、大きかった。
幸いにして当日は企業のイベントで会社は休日で全員無事であった

●セミナーの翌日仙台の海岸に行き震災後の復興現場を視察

「4mのかさ上げ道路」の工事中で震災の脅威を感じました。
1日も早く完成して欲しいものです。 
 

  北九州商工会議所主催 創業交流会で講演”考え方を変え潜在能力を発揮しよう” 2015年2月28日
《講演後の感想》
・ぜひまた交流会等があれば参加したいです。
・次回は主人にも参加してほしいと思いました。ありがとうございました。
・ありがとうございました! 楽しかったです。
・創業体験談の方のお話しがすごく参考になり刺激を受けました。
・楽しかったのでまた来ます!
・現在は質の時代に共感できました。
・会、研修への出席を大事にしています。チャンスを逃さない。
・5年目にかかってチャンスが入ってきています。
・差別化の時代、経営者の生き様、出会いを大切にしていきたい。
・イメージ、記憶、ひらめき理解できました。私も研修講師やってますが、自分もいろいろできるとは思ってませんでした。
・潜在意識を引き出せればと思います。
・経営理念を重視してます。

*「財界九州」で交流会開催の告知をして頂きました
 財界九州2014年8月号掲載 
松下幸之助翁に学ぶ!プラス思考で仕事と人生の『道をひらく』  仕事・人生における真理を学び実践!

 

①【意識改革】 意識改革体感セミナー・講演 (実績:大企業、中小企業、団体、大学等 58団体 4,600名)
理論と実技により心の持ち方が解り、「一瞬で自分を変える」ことができる、夢の実現を手助けするセミナー!
不可能と思える「名刺での割り箸切り」を自ら体験することで「自信」がもて、「笑顔」で「やる気」が湧いてきます!(受講者感想)
  諏訪圏ものづくり推進機構 基調講演:「強い会社」をつくる為に「強い個人」つくる法  2014.2.12
《講演概要》
潜在的な能力を最大限に発揮するための意識の持ち方能力発揮の阻害要因であるメンタル・ブロック(固定­観念)を取り除く方法と、このことを不可能と思える「名刺での割り箸きり」の実技を踏まえて実証し「自信」「やる気」の引き出し方を
解説。
潜在能力を発揮するために、自己認識を変えて、自己イメージを高めることの重要性がとても勉強になった
意識改革によって良い会社をつくることができるということ意識改革は大事である
見える化やイメージを活用することで個人の意識改革・個人の能力向上をし、会社に貢献できることが学べた
見える化やイメージを活用することで個人の意識改革・個人の能力向上をし、会社に貢献できることが学べた
イメージして思い出し、やればできるということを名刺で割り箸を切る実演が参考になった
心の問題で負けている実態を感じた。
自分が今課題と感じていることに触れられていた

  九州砕石研究会意識改革体感セミナー:「強い会社」をつくる為に「強い個人」つくる法  2014.6.2
自分を信じやり抜く自信が持てたような爽やかな気持ちになり意識改革の重要性を考える、良い時間となりました。
今まで、悲観的になっていた部分もありましたが、今回のセミナーで楽観的でプラス思考を伸ばしていく事が大切だと感じました。
根拠にない自信、自分の得意分野で勝負するは、是非今後続けて行きたいと思います。
「逆境力」という言葉はとても良いと思おいました。逆境に打ち勝つ思考を身に付けたいと思います。
やってみた感動。見て感動に心の刺激を受け更に楽しく前向きになりました大変体も気も軽くなりました。「やったもんが勝ち」この考え方を自社にも広めていきたいと思います。
プラス思考でいく事、イメージをつくるという事が大事というところが勉強になりました。

わかやま産業振興財団:「強い会社」をつくる為に「強い個人」つくる法  2014.5.26

中小企業大学直方校:「強い会社」を創る為に「強い個人」創る法  2013.9.5

負ける事に負けない!本気の覚悟が自分に欠けていると勉強になった
気持ち(やる気)次第で結果が変わるということを体感できました
自分の気持ちのあり方が結果に与える影響の大きさに驚いた割り箸が折れた時は感動しました
割り箸を名刺で切った時「出来る!」と自分に自信を持てた
やれば出来ると言う事を身をもって体験でき従業員にも伝える
割り箸が折れた時はとても感動したこういう思いは久しぶり
もっと自分を信じる事を通じて素敵な会社づくりに活用します
社員を教育し導く立場にあるので、まず自分を変えていきたい

名城大学:「自己能力」を最大限に発揮する法! 2012.12.6
自信を持って、「できる!」と考え、行動したら、素晴らしい人間、より有意義な人生になると思った
これから必ず壁に当たると思います
今日のこの講演を思い出して、固定概念を消していきたいと思いました
やれば、できる!という強い気持ちを味わう事ができました
できないことは無い!今セミナーが終わり自信にあふれています
根拠のない自信、自分の得意な分野を磨くこと、自信をもって行動していきたいと思いました
できるのだという自信を信じることが大切だと分かりました。
単なる「積極的に」から「何としてでもやる!」「絶対積極的に」を今後やっていきます、就職で役に立つと確信しました
自信や期待を持って就職活動に取り組みたいと思いました

トヨタ紡織九州:「強い会社」をつくるために「強い個人」をつくる法  2011.6.22

諦めずに「出来る!」と信じる事が大事
自分にも可能性があるんだと意識を高める
自己イメージを高めるだけでも全然違うのにも驚いた
イメージが人間の力を変えてしまうという事に驚いた
「どうにかしてやる」という考えを念頭におく
何となくではなく、「こうなりたい!」と思う
プラス思考を持って「絶対積極」で行動する
「トヨタ紡織Way:TB Way」を実践していく
いろんな事にチャレンジして自分の可能性を見出す
「まず、やるという勇気を持つ」事が重要


意識改革体感セミナー概要
①「強い個人」をつくる
「プラス思考」で「自己認識」「自己イメージ」を
変えれば潜在能力を発揮できる!
②意識の構造、脳の仕組み
顕在意識と潜在意識の間に固定観念がある
この固定観念(メンタルブロック)が潜在能力を阻止
③自己能力発揮法名刺での割り箸切りで実証
割り箸切り実技でメンタルブロックの粉砕を証明
心と身体を一つにすれば偉大な力が出る 
④割り箸切りの目的と効用
不可能に挑戦する為の心構え
自分の可能性を信じる力を自ら証明す
⑤意識改革の秘訣
潜在能力は特別な才能は必要なし
本気の決断と自分は出来るとイメージを持つ
⑥まとめ
成功曲線の原理:絶対に諦めない!
やってやれないことはない!やったもんが勝ち!
     
不可能と思える4本の割り箸を名刺で”切る”!実技   意識改革改革体感セミナーの映像
ビジネス誌「財界九州」8月号で紹介される 「知識」「才能」をいかせる「考え方」をコンサルする  2013.8
【実績】 計96(企業・団体・学校) 5,300名  (2009年8月~2017年2月)
《企業》
・トヨタ紡織九州
・九州電力 
・NTTデータ九州 3回目
・TOTO 
・シャボン玉石けん
・ファンケル
・岩谷産業     
・大和リース 
・安田工業 3回目
・パソナ 
・オンテック 
・日本マイクロシステムズ 
・松陽産業
・第一施設工業 他
《団体》
・諏訪圏ものづくり推進機構
・北九州商工会議所(2回)
・福岡県(仕事サポートセンター)
・関西電子情報産業組合 
・佐賀県プラスチック工業会 
・商工会筑後 
・豊前川崎商工会 
・苅田商工会議所 
・福岡県産業廃棄物協会 
・熊日経営セミナー 
・わかやま産業振興財団

・九州砕石研究会
・北九州市産業経済局(北九州ソフトウエア研究会)
その他
《学校》
・北九州市立大学 
・九州工業大学戸畑キャンパス
・九州工業大学情報工学部
・名城大学 
・中小企業大学直方校 
・外語専門学校 
・福岡大学
・鳥栖工業高校





その他
②【業務改革】
 「見える化」セミナー 業務全体のプロセスの「見える化」トータル・プロセス・マネジメント(TPM)
 全体を「鳥瞰し」「関連付けして」「個別最適」を図る、現場に密着したプロセス重視の活動
 (トヨタ自動車様にも紹介し共感を頂いた)
概要説明
《業務改革(「見える化」の感想)》
業務の見える化は、まさに私の事業所に足りない部分でした。早速様々な業務工程をツリー化し、皆に見え共有できるように努めたいと思いました
一般論だけでなく、自社、他社のデータをもとに説明されており有意義だった
見える化は随分言われていますが、見える化にするには色んな要素があると認識できた、非常に参考になり、会社の経営に活かしたい
【実 績】
・北九州市立大学(産学連携プロジェクト)における新商品研究開発プロセスの見える化
 
成果:プロジェクト推進の状況把握・効率化の見える化チャート完成、研究開発機能展開チャート完成
・北九州金属加工企業における納期半減プロジェクト支援
 
成果:納期大幅短縮達成(納期1/3に改善)
・佐賀県内中小企業支援中(2013年7月より)


ホーム  実績事例  セミナー/講演  会社概要  支援内容  特 徴  自己紹介  お問合わせ  いこいの広場

講演・セミナーのお問合わせ:km.3must@awa.bbiq.jp
電話番号 092-565-1426